フード
夏場、エアコンを付けて走っているとエンジンが止まってしまうので、オーバーヒート対策ということで、フードを切ってみました。

フードのエアクリ上部には、ちょうど骨が無かったので、切っても強度的には問題ないかと思い作業しました。
 エアースクープを取り外し、取り付け穴を基準にして線を書き込みます。後はその線のとおりに切るだけです。
 その後、純正のダミーエアスクープを、エアーを取り入れられるように、塞いであった箇所をくり抜きました。

が、あまり効果が無くその後エアクリ囲いを製作しました。エアクリを参照して下さい。
camaro外装に戻る
1979 camaro Z28に戻る