エアクリ
フードを切ったので、上からもエアーが吸えるトップに交換しました。
フードを切った経緯はフードをご覧下さい。
(K&N,XstreamAirFlowTop)

その後、キャブレターの下にNOSのスペーサーを取り付けた為、今までのエアクリの厚みではフードが閉まらなくなったので、少し薄いタイプのエアクリに交換しました。(これもK&N)

上からのエアー吸い込み量が増えたので、フードスクープから吸い込み音が聞こえる様になりました。

その後、エンジンルーム内の熱いエアーを吸わないで、冷たい空気を吸わせようと思い、エアクリ囲いを製作しました。
 無い知恵を絞り、色々考えているときに(ダクトを這わせようか等々)サミットのカタログで、エアクリ囲いを付けている車を発見し、真似して作ってみました。

図面を書いている時は結構すぐ出来るかなと思っていましたが、実際作ってみたら丸1日かかりました。
奥はデスビに密着していますし、手前はホースギリギリです。
アルミ板をリベット留めし、上部はゴムで空気が逃げるのを防ぎました。(ゴムはY31のトランク用ストリップを使いました)

エアクリのベースにビス止めして装着します。

◎効果はありました。夏にエアコンを付けてもエンジンが止まる事が無くなりました。  
 
camaroエンジンルームに戻る
1979 camaro Z28に戻る
この記事を真似て製作しました。