NOS
・NOSとボトルヒーター
 NOSを装着したのは気温の低い(5℃位)時季でした。テスト走行で期待をしてスイッチを押すと、「ん〜分かる」程度しか速くなっていませんでした。

 そこで少し調べてみると、一定量のガス圧を確保するためには、NOSボトルをある程度の温度に保たなければならない事が分かりました。

 年中使う物では無いので、ホッカイロでも貼れば良いか?などと考えていましたが、暖め過ぎると安全の為、ボトルからガスが出る仕組みになっている事が分かり断念し、ボトルヒーターを購入しました。

 ボトルヒーター自体は簡単な作りで、ゴムに熱線が入っており、サーモで制御しているだけでした。

 サーモに両面テープでマジックテープを貼り、ボトルにもマジックテープを貼り、温度変化の少ない場所に付けるだけです。(サーモ取り付け場所に雨漏りが〜)

 最適のガス圧は900-950psiの様です。
体温低めの人肌位でしょうか?

°F °C PSI
32 0 460
40 4.4 520
50 10 590
60 15.5 675
70 21.2 760
80 26.7 865
97 36.1 1069


・NOSプレッシャーゲージ
 新品買ったのにタップの切り方が違っていて、
NOSが漏れだしたのでシールを巻いて取り付け。
(取説にはシールは巻くなと書いてあったが)
 しかも叩かないと動かない。

・ソレノイド
 SuperPowewShotとPowewShotの違いは、各ソレノイドのジェットが付いている量の違いでした。
Superは3種類(100.125.150ps)のジェットが付いています。
はじめは100ps、今は150ps用のジェットを付けています。ガソリンのジェットも同じく変えますから、凄い勢いでガソリンも出ます。
(福島-仙台往復、ドラッグ7本でガス欠寸前です)
Jet 150ps 125ps 100ps
NOS 0.063 0.055 0.053
FUEL 0.071 0.061 0.047

・NOSを噴射するとTurboともS/Cとも違う独特の吹け上がりで、スムーズにタコの針が上がっていきます。
 
camaroエンジンルームに戻る
1979 camaro Z28に戻る
空ボトルが約6.3kg、満タンで約10.85kgのはずが11.2kgになって帰ってきました・・・