クリスマスポップな絵

決して鳴らないベルでも光っている

背中を向けながら思い思いのベルに色つきリボン

掃除をしようと思ってやる気が失せたら誤解してたベルを見つける。

蘇生するのに一体どれくらいの時間を費やしたらいんだろ。

この際だから過ちを感じながら、忘れていきながら、
そこにあった通りに六つのベルを置く。

想像は良くないから、隣の用のないベルを選んだ

健康になりたがっている色もそうでもない色も、ある程度の時間を作って理解をしようとしている。

急に発見したくなる相性が合う具合と見た感じ。

サービス精神を出して、それなりの組み合わせを考えたみたところ、ちゃんとしてない。

ピンと来るまでわからないことを心に埋め込みつつ、硬さの感触を確かめたり、爪先で突ついたら素敵な音が鳴るのだろうか?



緑のリボンのベル 青いリボンのベル ピンクのリボンのベル

もう、うんざりなんだ。孤独の振動が鳴る音は

そんなに大変でもないことが衝突して鳴る音は必要ない。

間違えたこともない記憶で汗を掻きながら出てくるような艶とベルの艶をダブらせる。

親切な鐘はいつも急いでいる。

鳴らない格好だけのベルなら鳴らす義務が生じないから楽だ。



赤いリボンのベル オレンジのリボンのベル 白いリボンのベル

クリスマスだから司ることなんて

不要論を当てつけられても、進化しようとはしない。

あったまま、ありのままに置いておいてくださいとベルが鳴ろうとしている。

存在感を殺して、息を殺して、必要でもない行く当てを考えられない存在になろうとする。

もったいないから置いておくことに決めてしまえばいい。