直線上に配置
授業で語る造形教育
造形授業研究会

第7回(2004)大会へのご参加ありがとうございました

日時   平成16年8月4日(水)
  9:00〜16:30

会場    筑波大学附属小学校
〒112-0012  
       東京都文京区大塚3-29-1
         tel/fax 03-3946-1962(直通)

主催   造形授業研究会  
  

ごあいさつ

 佐々木氏から受け継ぎ、2代目になりました。

 造形授業では、題材の内容で授業の大半が決まってしまうと言うことで、いままで、面白く目新しい題材を考えることが重視されていたように思います。しかし、造形を通して人を育てる教育をめざすならば、やはり授業そのものに目をむけなければならないと考え、今年度は、「私の考える授業づくりU−課題発見する子どもと教師の役割−」をテーマにして授業を行うことにしました。

本年度も2本の研究授業を行いますので、気軽にご参加いただき、授業を通して共に語り合い、学んでいきましょう。

          造形授業研究会代表
              筑波大学附属小学校 濱田 浩



生きた授業を通して 語り合いませんか!

(大会テーマ) 私の考える授業づくりU 
         ―課題発見する子どもと教師の役割―




授業T(4年)
9:30〜10:30
協議会T
11:00〜


私の考える授業づくり
提案T
提案U
おまけ題材ショップ

8つのコースからおこのみ題材を選択
何でも話せるさよならパーティー
授業U(6年)
10:00〜11:00
協議会U
11:00〜
9:00 両方の導入が見られます 11:00〜 12:00 13:00〜 14:30〜 15:30〜16:30

    

案内状印刷用原稿(Wordデータ)
       案内状PDF形式
(注意:1メガ以上あり、重たいです)  (PDF reader が必要です)

授業者紹介

(授業T) 国分寺市立第一小学校     北澤 俊之
「おしゃれなクモの巣」

 かつての教え子たちとまた一緒に活動できるなんて・・・。 今から妙にウキウキ気分の私です。
授業については、身近な材料を使って小さな空間を思い思いに構成するような活動を現在模索中。
元気いっぱい追求する子どもたちの姿から、たくさん学びたいと思っています。

(授業U) 埼玉大学教育学部附属小学校  武田 圭介
「かためて、かためて、ぱり ぱり ぱり」

 ひもや布、紙などのやわらかい素材が自分の思い通りの形になるとしたら・・・。
 身近な柔らか素材素材を集め、それを木工用接着剤でぱりぱりに固める造形活動に取り組みます。固めてできたものからさらに活動を広げていきます。形や色、質感をヒントに、子どもたちが作品とどのような対話をしていくのか一緒に読み取っていきましょう。



  提案者紹介
   (提案T)仲嶺盛之 (琉球大学附属小学校)
   (提案U)山田一文 (埼玉県立近代美術館)


アイコン
ホーム
アイコン
前回までの内容
アイコン
申し込み案内

メール アイコン
問い合わせ・申し込みメール

直線上に配置