三十郎 一刀両断
2017
拙者が最近見た映画の五段階評価でござる。
過去のものは下をクリック!

2016年の 三十郎一刀両断2
2015年の 三十郎一刀両断2
2014年の 三十郎一刀両断2
2013年の 三十郎一刀両断2
2012年の 三十郎一刀両断2
2011年の 三十郎一刀両断2
2010年の 三十郎一刀両断2
2009年の 三十郎一刀両断2
2008年の 三十郎一刀両断2
2007年の 三十郎一刀両断2
2006年の 三十郎一刀両断2
2005年の 三十郎一刀両断2

2004年の 三十郎一刀両断2

2003年の 三十郎一刀両断2

2002年の 三十郎一刀両断2

2001年の 三十郎一刀両断2
2000年の 三十郎一刀両断2


 広島の映画公開情報はこちらから。



 2017年に観た作品 
タ イ ト ル 星 数 コ メ ン ト
恋妻家宮本 ☆☆.5 全編に渡って「この作品はスクリーンで観る必要があるのか???」という疑問を背負って観ている感じでした。
また1シーン1シーンが長すぎる気がしました。ただ、シーンシーンでの仕掛けやコマ割りが凝っていて、「こういう演出もあるんだな〜」って洒落っ気に、今後を感じる作品でした。遊川和彦監督さんはこれから追って行くことにします。でもかなり笑わしてもらいましたよ。感情移入の出来るいい作品ではありますよ。お勧めです。
沈黙
-サイレンス-
☆☆ 「硫黄島からの手紙」でも思ったけど、日本人の精神を描くには外国人監督はムリなんだと思った。この作品の巨匠マーティン・スコセッシ監督でも、クリント・イーストウッド監督という名匠でも。。という感じ。また日本人でない俳優の日本語も気になって、ふと現実に引き戻されてしまうのがかなわん。いくら名作「タクシードライバー」の監督でも無理ですなー。
また、この作品に関してはあまり原作を僕は読んでいないのですが、遠藤周作さんは超好きな作家さん。・・・もっと時間の流れが長かったし、想像力の中での絵の方が勿論深くて、そこに追いつかなかった。。ちょっと残念。。。


ご意見ご感想はこちらまで。
メール