NMT理論と技法の検証に   ひとと音・音楽に    ZIZI-YAMA 
 言語リハビリテーションの領域には、MIT、MUSTIM、RSC、VIR、TS、OMREX、DSLM、SYCOMの8つの技法が示されています。

   
            

概要:MITは、対象者の傷害されていない歌唱力を利用し、言葉にメロディーをつけて歌にすることで発話を促す、   いわゆる語り歌いをもちいた技法。
適用:主に、ブローカ失語(
発語失行症にも適用可能というデータもある)
  






CLICK
発話は難しいが、覚えている歌なら歌えるという現象にみられるように、言語に音楽性を持たせることで、左脳の言語野から右脳の音楽機能への移動を利用し発語を促すというもの。そのため、ブローカ失語には適しているが、ウェルニッケ失語、超皮質失語、全失語、伝導失語は対象とならない。脳の機能分化を利用したもので、音楽をもちいる効果の高い技法といえる。

⇒ 脳に関しては脳の構造と機能、失語に関しては失語・失行・失認 
            

概要:MUSTIMは、対象者がほとんど意識しなくても自然に歌詞を口ずさむような歌う反応を利用して、韻律的な表現   を模倣し発話を促す技法。
適用:主に、
失語症  


習慣的、反射的に口ずさむような機能を利用するものであるため、言語に関連する神経系を広く賦活する効果はあると思われるが、意図的な会話や臨機応変な発話に移行する方法はまだ構築されていない。  
           

概要RSCは、パターン化したリズムまたはメトロノームの合図をもちいて発話の開始を促進したり、話しの速度    をコントロールする
適用:主に、
音障害(dysarthria)、吃音、流ちょう性障害(fluency disorder  


感覚運動リハビリテーションにおけるRASと同様に、あるリズムをもっている発話を音やリズムによりコントロールする。ただし、歌唱で流ちょう性を回復しても、発話につながるとは限らない。また、右半球に病変がある場合は、音楽刺激が混乱を増長させる危険性も考えられる。 
            

VITは、パターン化したリズムまたはメトロノームの合図をもちいて発話の開始を促進したり、話しの速度を   コントロールする
適用:主に、発声障害(vocal disorder)


構成された歌唱やその他の発声訓練により、声の抑揚・調子・呼吸調整・音色・大きさなど発声のコントロールに関する訓練である。
            

要:OMREXは、吹奏楽器や発声により、発声の明瞭化、発話器官や呼吸機能の強化を図る技法   
適用:主に、発達障害(developmental disorders)、構音障害(dysarthria)、筋ジストロフィー(muscle dystrophy)


心肺機能の強化など基本的な呼吸機能などの訓練を行うもの
             

概要:DSLMは、歌唱、詠唱、楽器演奏など音楽と発話や動作を組み合わせることで、発話と言語発達の促進を図る技   法   
適用:主に、発話や言語発達の遅れ



CLICK
すでに発達に障害がある子どもへの音楽を用いた教育法として確立されたものがある中で、DSLMという名称をあえて付けるのであれば、NMTの技法として特異的といえる訓練法と目的を具体的に示す必要がある。

⇒ 
 
             

概要:TSは、歌唱活動により、発話と言語の開始、発達、発音を促進し、呼吸器の機能を向上させる技法である。
適用:主に、発語、言語機能障害
  
目的を限定しない歌唱活動による言語、呼吸を中心に広い機能に対応ということであるが、これも従来の音楽療法でおこなわれてきた方法と、どこが違うのか、訓練法と目的を具体的に示す必要がある。
             

概要:SYCOMは楽器演奏や歌唱による即興演奏の非言語表現機能を用い感情の伝達、適切な発話による意  思表示、ミュニケーション行動の訓練技法   
適用:主に、
言語機能の重篤な喪失
  

音が訓特性をすべて利用するもので、従来芸術療法やさまざまな形で行われてきたものである。これをNMTの技法とすれば、神経疾患を原因とする感覚機能、運動機能、認知機能の障害に対して、音楽のもつ要素と音楽性を手段として治療的介入を図るというNMTの定義を大きく超えることにならないだろうか。
 
 音楽の神経学的な活用という点からすれば、言語リハビリテーションの領域は、感覚運動リハビリテーションの領域についで音楽の特性を活かすことができる領域といえる。しかし、この領域の8つの技法のうちMIT、RSC、TSはNMTとしての技法で整理されているように思われるが、他の方法はいずれも従来のいわゆる音楽療法としてすでに実施されているもので,技法として確立されたものもある。それらを呼称を換えて、あえてNMTに分類することの意味や目的が問われるのではないだろうか。
 すみません。まだ です。  
 NMT理論と技法の検証に   ひとと音・音楽に    ZIZI-YAMA