中 世   
  
    日本武士
 武士用の大鎧は古代の挂甲の小札の手法をそのまま継続し、短甲の金具廻り、脇楯の主要な部分を活用するとい形で作れた。基本構成は、胴、脇楯、袖、草摺、籠手、臑当などがある。さらに鎧の右手の胸上部に矢を射込まれないよう防護するための栴檀板を左胸上部には鳩尾板と呼ぶ長方形の小さな防具をつけた。鎧は数多くの漆塗りの金属札を、織り紐が染め革を使って綴り、これを“威す”というもの。鎧は全て威しの材質と色目によってその名称がつけられていた。白糸威、黒糸威、赤糸威、紫糸威、白革威、黒革威、赤革威、紫革威などといった具合でおる。(左)
 大鎧は大型で騎馬の武将が着用するものである。その一方徒歩の一般武士は簡略化した軽快な鎧として作られたのが胴丸である。大鎧に比べると脇楯と袖は用いず、草摺は歩きやすいように細かくに分けていた。(右)   
  
  日本武士   
  
Top  List  Back  Next