こんなバイクを積んでみましたの小部屋

サイドスタンド使用、フロントを固定(前後に動かないように)
両側面を固定(左右に倒れないように)が基本です。



ビーノの新車です。

ノーマルの軽トラでいちばん積みにくいのが
この50ccスクーターです。
何故かと言うと

サスが沈むとフロントフェンダーが
タイヤよりも前に出てしまう。

フロントタイヤを固定しようとしても
タイヤ径が小さくて固定出来ない。

サイドスタンドが付いていない。

この3点により、積みにくいのです。
こんな時に役立つのが、このベルトです。

元はハンドルにタイダウンを掛けづらい
セパハン、フルカウルバイク用です。
愛車TDM900です。

これは流石に大きくて重いので
エンジンが掛からない状態ではかなりキツイです。
このTDMの様に大きくて重いバイクを載せる場合
エンジンを掛けて自走させ、その力を利用して
載せてしまう方法が、楽で安全です。

しかし、この方法を使うにはラダーがしっかりと
荷台に固定されている事が条件となります。
マジェスティー250です。
デカくて載せにくそうです(笑

ですが・・・

2.4メートルのラダーを使う事が前提ですが
ノーマル車高であれば、割とスンナリ載り
車体後部のフックのお蔭で縛るのも楽です。

フロントフェンダーとの兼ね合いで
少し後ろに積まないといけないのですが
お尻を振ってやれば、アオリも閉まります。
番外編

はらたか君のエブリイバンです。
一台しか載せない。
バイクや用品の保管庫も兼ねたい。
バイクを積んでいない時に4人乗りたい。

という用途であればベストな選択です。
載せる時にはタイダウンでフォークを縮め
中に納まったら解除するそうです。
RZ250Rを積んだ隙間に、ミントを2台押し込みました。

なんか働く軽トラっていう感じですね(笑
実際働いてますが(爆
いっぱいいっぱいですが、積載重量的にはまだ余裕があるので
動力性能や操縦性は、さほど悪化しません。
今度は3台積みに挑戦です。
積む前はリアゲートが閉まるかなあなんて
心配していたんですが、すんなり収まりました。

それでもちょっと余裕があったので更に欲を出して
BOXも積めないかと試行錯誤していたら
ギリギリですが、これも積めてしまいました(^^;

この感じだと、ミニモトなら4台積みもいけそうですね。
でも、何台積もうが二人しか乗れないのが悲しい(T_T)
CRM250とCRM80の2台積みです。

かなり横着してます(^^;

箱を移動せず、楽に2台積めないかと試行錯誤
していたら、こんな形になりました。
80のリアタイヤをリアゲートに固定している所がミソです。
う〜ん、ちょっと80のハンドルがハミ出し過ぎですね。

80のサイドスタンドを使わずに、もうちょっと車体を
立てれば許容範囲内でしょう。
ゼファー750RSです。
元々Z650系なので、軽くコンパクトで
非常に乗りやすいバイクです。
個人的には好きなんですが、不人気車です。
このゼファーには社外品のカウルが付いているため
右側からはサブベルトを使い、フォークの
インナーチューブを固定しています。
とーても珍しい、スズキのSW-1です。
新車発売当時は人気が無く、殆ど見掛けなかったのですが
最近は、お洒落な人達がよく乗っています。

モスラに似てると思うんですが(笑
車体自体はそんなに大きくないんですが
フルカバーされたボディーのおかげで結構積み難いです。

*検索エンジン等のリンクから、このページを開いた方は
こちらをクリックして当サイトTOP PAGEへ戻ってからご覧ください