バイクの積載方法

バイクを真っ直ぐに積み、ハンドルから斜め下に
タイダウンを掛け、フロントサスを縮める方法が
一般的ですが
私の方法は、バイクを斜めに積み
フロントを固定して左右から引っ張る方法です。

この方法のメリットは、フロントを角に当て
尚且つ固定しているので
ハンドルが切れてタイダウンが緩む事がない事と
フロントサスではなく、リアサスが縮むので
リアのバタつきを抑える事ができる事です。
デメリットとしては、フロントを寄せて積む為に
左側にハンドルがはみ出てしまう事ですが
左側のタイダウンを緩めにセットして
右側のタイダウンで車体を起こすように
引っ張れば問題ありません。

注:ここでは左のタイダウンをフレームに掛け
右のタイダウンをハンドルに掛けていますが
極端な例として、左右をリアキャリアに掛けても
固定できます。

これは、フロントを固定しているからできる事で
後は左右に倒れない様にすればOKだからです。
フロントの固定方法です。

以前はフロントタイヤを固定していましたが
車体側のフックの位置が後ろ寄りなため
フロントフォークボトムにタイダウンを
掛ける方式にしました。
この様にタイダウンの輪の部分を
フックに引っ掛けるようにすると
タイダウンが緩んでも外れにくくなります。
変わったタイダウンの使用法です。

写真では分かりにくいかもしれませんが
フックを車体に掛けるのでは無く
ベルト側へ掛けています。

使える場所は限られますが
サブベルトが無い時の裏技です。


*検索エンジン等のリンクから、このページを開いた方は
こちらをクリックして当サイトTOP PAGEへ戻ってからご覧ください