ディクラエオサウルス
 属名(Dicraeosaurus ) 中国名(叉龍)

分類 恐竜・竜盤目・竜脚亜目・竜脚下目・ディクラエオサウルス科
生息年代 ジュラ紀後期
生息地域 アフリカ(タンザニア)
全長 13m
竜脚類(カミナリ竜)の中では首が短く、首や背骨の突起は
とても高く二叉に伸びています。頭骨は ディプロドクス
似ていますが、より長く、幅が狭く、鼻の穴が目の上にあります。
尾は長く、ムチのようでした。これを振り回して周囲の敵から
身を守ったかもしれません。このディクラエオサウルスのように
首が短く、首と背中の突起が高い仲間は他に アマルガサウルス
レッバキサウルス などがいます。

恐竜 化石
ティラノサウルス・恐竜なら化石セブン




★このページは「古世界の住人」の一部です。
検索などで来られた方は トップページへどうぞ。