立体は(株)パジコの石粉粘土で制作してます。
20世紀最大の生物学的発見のにゃんこ
イリオモテヤマネコ
 
 おいらの仲間は、残り40〜100匹なんですけど。 

食肉目 ネコ科
沖縄県の西表島に住んでおります。
 
胴体長500〜600mm、尾長230〜240mm、体重3〜5kgで、普通のネコと同じくらい。
 
おいらがこの島のボス
イリオモテヤマネコには天敵がいなく西表島の生態系の頂点に君臨しているのだ。食べ物も陸・海・空から捕獲している事がわかっている。陸上からはクマネズミ・リュウキュウイノシシ(子供)・ヘビ・トカゲなど。海からはエビ・サキシマスなど。空からはヤエヤマオオコウモリなど。大好物はクマネズミ、イノシシの子供(ウリンボ)までも捕食するのはスゴイ!
   
2005年8月7日、「21世紀COEプログラム」の第二回国際シンポジウムでイリオモテヤマネコは世界一のグルメなネコに輝いた。なぜかって・・それは、ウンコから76種類の食べ物が検出されたからだ。同じネコ科のライオンやヒョウ、チーターの動物は、四季を通じて、主にほ乳類をエサとしているのにイリオモテヤマネコは昆虫や鳥類・エビ・カニなどなど、何でも食っちまうスーパー雑食性だった。
イリオモテヤマネコはこんなネコ
体臭が強く近くにいるのがすぐわかる。
 あまり「ミヤ〜ミヤ〜」鳴かない。
 「喉をゴロゴロさせる」音はほとんど出さない。
 ネコ科では珍しく、水を怖がらなかった。ときどき水中に潜ってエビなどを取って食べる。水陸両用ネコだ、木登りも得意でコウモリなどの鳥類にも対応できる能力がある。自然界で生きるには十分な力は備えている。りっぱ!。
 
 俺を甘く見るにゃん
 イリオモテヤマネコを甘く見てはいけない、数が少なくなった天然記念物という理由だけで有名なネコではない。イリオモテヤマネコの頭骨の構造が原始時代に絶滅したネコと同じなのだ。1000万年前から姿が変わってないのだ。中新世から鮮新世にかけて中国で栄えた化石群であるメタイルルス属と近縁という、いまいち訳がわからない理由だけど「生きた化石」と呼ばれているのです。さらに沖縄の本土復帰前の1965年に70年ぶりに野生ネコの新種発見と学会に発表された時はには「20世紀最大の生物学的発見」とまでいわれたそうだ。世界的にもかなり貴重な生き物だということがわかる。なんかすごい!。
 
 遺伝子の研究によると、ベンガルヤマネコがイリオモテヤマネコの近縁である事が判明している。 西表島がまだ大陸(中国)と陸続きのころに引っ越してきて、約20万年前の大陸移動で島になった西西表島でイリオモテヤマネコは独自の進化をして来たのではないかと考えられている。対馬のツシマヤマネコも同じパターンだったのではないかと考えられている。
 イリオモテヤマネコを追い詰めている3つの問題
 その@・・・農地や牧場をつくるために生息場所が減少。
 そのA・・・交通事故。
 そのB・・・外来種による競合と病気感染。
 この3つの問題を無くす努力は西表野生生物保護センターを中心に今も続けられている。生息地の減少は保護区の確保、交通事故は「ヤマネコとびだし注意」の道路標識を設置やヤマネコ専用のトンネルの設置、病気感染を抑えるために、ヤマネコとノラネコを年に何回か捕獲して健康診断、血液検査などの実施など。イリオモテヤマネコの絶滅を防いでいるのは、イリオモテヤマネコの回りをサポートするスタッフの努力と苦労があってこそなんでしょう。がんばれぇー!。
 
 2005年4月21日は竹富町西表島北岸の県道で交通事故と思われるイリオモテヤマネコ死がいが見つかった。1978年以降の累計では40匹に上っている。子育て時期はエサを求めて道路を横切る事が多くなるので、上のイラストにある道路標識を見かけたときは注意力増大ですな!
 野生ネコとイエネコの違いはこれだ!
 イエネコとはペット用に品質改良されたネコだ、街中にいるノラ猫もイエネコの仲間。自分で食べ物をさがし自然界を生きぬいている野生ネコ、世界中に約40種類存在している。そのうちの2種類が日本いる。西表島のイリオモテヤマネコと対馬のツシマヤマネコ@だ。
 野生ネコの特徴
 頭の骨の構造が原始時代のネコと同じ。耳は丸っこい。
 耳の後ろに虎耳状斑(白い帯の斑点)がある。シッポは太くて長い。
 体の模様がイエネコより不規則だ。イエネコよりも大きな犬歯。
 体の模様がイエネコより不規則だ。イエネコよりも大きな犬歯。
 @ツシマヤマネコ
 食肉目 ネコ科日本の対馬だけに住んでます。1990年代の推定生息値は70〜90頭とイリオモテヤマネコより少ないおもっきり絶滅危惧種だ。国指定天然記念物・国内希少野生動植物種に指定されている。
 
 イリオモテヤマネコの戦いはまだまだつづく・・・
   (C)宮川アジュ
「戦え絶滅動物」に掲載されている全ての画像、イラスト、テキストは宮川アジュが著作権を有してます。許可無く転載、改装その他類の行為は固く禁じます。