ツル目 クイナ科 
生息地
北太平洋、南鳥島の東に位置するアメリカ合衆国領の孤島・ウェーク島
ウェーク島の大きな地図
ウマのひずめの様な形をしたさんご礁に囲まれた島。面積:6.5km2 とかなり小さく、現在は民間の貨物機の中継地や旅客機の緊急着陸地などに使われているため観光はできない。生き物が独自に進化するにはちょうどいい島だったのだろう。
ウェーク島の歴史
1568年・スペイン人探検中に小さな島を発見する。
1796年・イギリス人がやってきてウェーク島と名前を付ける。
1940年・アメリカ空軍と海軍の前線基地が建てられる。
1941年・日本軍が占領する。
1945年・日本の敗戦により再びアメリカがウェーク島を所有する。
 
WAKE ISLAND RAIL
トップページ
アメリカ領
ウェーククイナナンヨウクイナ
ひょうたんのような体は細く草や茂みを通り抜けるのに便利がよかった。歩き方は頭を上げてヒョコヒョコと歩く。食べ物も浅瀬をヒョコヒョコ歩いて取っていた。クイナ科には珍しく体の色は多色で、敵から隠れるには都合のよい保護色になっていた、ちょっとしたカメレオン気分だったかも。また島で唯一の陸にいる鳥で、どうやって孤島のウェーク島にやって来たかは謎だ。仮説として島に渡ってきたナンヨウクイナが住みつき、天敵がいないために飛べなくなりウェーククイナになったというのがある。実際にナンヨウクイナとウェーククイナは似てるところが多いのだ。さて、真実は?。
ナンヨウクイナ ・・・オーストラリアの沿岸やインド洋地域などの流れの静かな川、湿地やマングローブの中でに暮らしている。体長約30cm
絶滅の原因
ウェーククイナの生息地であるウェーク島は、太平洋戦争(第2次世界大戦)の時に日本軍の戦略拠点になってしまう。戦争が激化するにつれて島の駐屯部隊への食料供給がストップしてしまう。そのため、島に残された兵隊さんたちは生き残るために島にいた飛べない鳥ウェーククイナを大事な食料として食べつくしてしまった。ウェーククイナは赤い布をヒラヒラするとヒョコヒョコとよってきて捕獲すのは簡単なことであった。戦争の被害は太平洋の小さな小さな島の飛べないトリまで及んでいたのだ。
固有種の数が1000羽を切ると、繁殖のバランスが崩れてしまい絶滅しやすくなってしまう。だからって戦争中に鳥の数を数えながら食べるわけ無いか。。。
 
 
 
ツル目クイナ科の仲間は絶滅してしまった数がひじょうに多い。クイナ科の鳥はもっとも古くから地球に生きていた鳥だ。現在では北極や南極以外の世界中で幅広く生息していて世界で約33種のクイナが知られているが,大きさもコマドリほどの小さい物からガチョウのように大きいものまで色々だ。そのうち13種がすでに絶滅し,現存する20種のうち18種はいずれも絶滅の危機にある.現在も沖縄のヤンバルクイナが危機にさらされている、最悪の場合,あと5年か〜10年で絶滅してしまうのではないかと考えられている。
ヤンバルクイナ
いろいろと保護政策がとられているけど・・・きびしい状況のヤンバルクイナ。
絶滅の原因その1
クイナ科は小さな島に生息している固有種(独特の種)が多いい。島の面積が小さいため数はあまり増えず台風などの自然災害や人間の生活のための開拓での自然破壊などで生態系が壊れて絶滅しやすい。
絶滅の原因その2
クイナ科の鳥たちは飛べない鳥が多いい。小さい島には天敵がいなかった事から飛躍力が衰退してしまった。そのため人間が家畜として島にもち込んだブタやネコなどの外来種にヒナや卵、そして自分たちが食べられてしまい、生息地をそのものも取られてしまうというパターンで絶滅する事が多いい。
今さら退化してしまった羽を進化させる訳にはいかない、クイナ科に生きずらい世の中だろう・・・。
 
「戦え絶滅動物」で調べられる絶滅したクイナ科
マミジロクイナ
ハワイクイナ
レイサンクイナ
モーリシャスクイナ
ロドリゲスクイナ
チャタムシマクイナ
タヒチクイナ
マミジロクイナ
ハワイクイナ
レイサンクイナ
モーリシャスクイナ
ロドリゲスクイナ
チャタムシマクイナ
タヒチクイナ
※・・・写真をクリックするとその動物のページにジャンプ!
戦争の犠牲になったクイナ
1945年絶滅