新国家設立で消えてしまったカエル
パレスチナイロワケガエル
 
1955年に絶滅
 
1948年にイスラエル共和国が設立。イスラエルの人口は世界に流浪していたユダヤ人がぞくぞくと帰ってきてふくれあがったため、新しい居住地や農地が必要となったのでした。砂漠だらけのイスラエルには水の恵みが少ないために水の確保は大きな問題でした。そこでヨルダン川の流れを変え、運河を引き、砂漠を豊かな土地に変えていったのでした。大工事の成功で人間の住む所はできたが、カエルの住んでいたフーラ川は枯れてしまいました。1955年に水槽で飼われていたカエルが死に、パレスチナイロワケガエルは地球上から完全に消えたのだった。

種類・無眉目(むびもく) スズガエル科
生息地・
シリアとイスラエルの国境にあるフーラ湖(現在は干拓のためひからびた)
大きさ・体長8センチ
食べ物・
 
 もっと知りたい人はこちらへどうぞ。

  立体は(株)パジコの石粉粘土で制作してます。

(C)宮川アジュ
「戦え絶滅動物」に掲載されている全ての画像、イラスト、テキストは宮川アジュが著作権を有してます。許可無く転載、改装その他類の行為は固く禁じます。