デカすぎるんだよな…俺のツノって。
オオツノジカ
 
35~1万年前に生息
 
これまで地球上に現れたシカの仲間で一番デカい角を持ったシカがこいつだ!。 角と角の幅は最大で4メートルになるつわものも存在した。生存競争のきびしい自然界でこんなデカい武器は有効だったのだろうか疑問だ、メスへのセックスアピールでの目的のみでここまでデカくなったのならば、それはたんなるエロジカだ。絶滅動物のションブルクジカもそうだが、ほどほどを超える飾りはわが身を滅ぼす。逃げ込んだ森林で角が邪魔して逃げられないなど最悪である、笑えない。身の丈にあったほどほどが大切なのは、動物界も人間界も同じだ。

種類・
生息地
アイルランドで化石が見つかるが、住んでいたのは、ヨーロッパ全体だったようだ。
大きさ・肩高約2.3m、体長3.1m最大3.6m以上で重量は500kgを超えるぞ。
食べ物・
 
 もっと知りたい人はこちらへどうぞ。

  立体は(株)パジコの石粉粘土で制作してます。

(C)宮川アジュ
「戦え絶滅動物」に掲載されている全ての画像、イラスト、テキストは宮川アジュが著作権を有してます。許可無く転載、改装その他類の行為は固く禁じます。