わたくしの標本は全部海外さ!
オガサワラガビチョウ
 
1928年に絶滅
 
ごく普通のじみな鳥で、尾を上下に振って地面を歩きながらエサを食べていた。乱獲された訳では無く、人間が持ち込んだネズミや野生化したブタが、絶滅の原因かもしれない。1928年に採集された4羽の標本はドイツやオランダの博物館あるが、日本には一羽の標本もない。

種類・スズメ目  ヒタキ科
生息地
小笠原諸島の父島。
大きさ・全長20cm
食べ物・昆虫
 
 もっと知りたい人はこちらへどうぞ。

  立体は(株)パジコの石粉粘土で制作してます。

(C)宮川アジュ
「戦え絶滅動物」に掲載されている全ての画像、イラスト、テキストは宮川アジュが著作権を有してます。許可無く転載、改装その他類の行為は固く禁じます。