ボクのお家はマングローブです。
ミヤコショウビン
 
1887年に絶滅
 
1887年(明治20年)2月5日琉球列島の宮古島で最初で最後のミヤコショウビンを発見。標本は世界にひとつしかない。絶滅の原因は、宮古島の近代化によって環境破壊がすすみ生息地がなくなったために絶滅したと言われている。特にマングローブ林の減少は深刻だった。ミヤコショウビンはマングローブ林への依存度が非常に高い鳥であったために人間が島で暮らすために海辺のマングローブを切り拓いた事は直接大きな影響を受けたはずだ。

種類・ブッポウソウ目 カワセミ科
生息地
沖縄・宮古島の海辺のマングローブ林に生息。
大きさ・全長20cm
食べ物・トカゲやバッタなどの大型昆虫,小魚などを食べていた。
 
 もっと知りたい人はこちらへどうぞ。

  立体は(株)パジコの石粉粘土で制作してます。

(C)宮川アジュ
「戦え絶滅動物」に掲載されている全ての画像、イラスト、テキストは宮川アジュが著作権を有してます。許可無く転載、改装その他類の行為は固く禁じます。