俺でお腹いっぱいになるなって
グアムオオコウモリ
 
1968年に絶滅
 
グアム島の先住民で現在もグアム人口の50%を占めるチャモロ族もグアムオオコウモリを食べていたが絶滅にまで追い込むような食べ方はしなかった。しかし、1960年以後に太平洋の観光地として注目され始めたグアム島は「名物」が必要になった。そこで、フルーツとミツを好んで食べるオオコウモリに目を付ける。エサのおかげで肉はみかけのグロテスクとは想像もつかないほどジューシーでたちまちグアム名物になった。そうなると観光客の欲求をみたすため、毎年毎年、大量のグアムオオコウモリが遠慮なく捕獲された。そして。。。1968年あるレストランで注文された料理は「美味中の美味」といわれた。材料はグアムオオコウモリ。その日食べられた1匹こそ、最後のグアムオオコウモリだったのだ。最後の最後まで人間の胃袋を満たす事になるとは、悲しすぎるコウモリだった。現在のグアム島でも他の島のオオコウモリを捕獲してきてグアムオオコウモリ料理として提供されている・・・という噂だ!。

種類・翼手目(よくしゅもく)オオコウモリ科
生息地
グアム島に住んでいた。
大きさ・体長約36センチ
食べ物・フルーツや花の蜜
 
 もっと知りたい人はこちらへどうぞ。

  立体は(株)パジコの石粉粘土で制作してます。

(C)宮川アジュ
「戦え絶滅動物」に掲載されている全ての画像、イラスト、テキストは宮川アジュが著作権を有してます。許可無く転載、改装その他類の行為は固く禁じます。