キングコングや雪男はおいらさ!
ギガントピテクス
 
約100万年前~30万年前に生息。
 
 体長が3mもあり、史上最大の霊長類と呼ばれている伝説の巨猿だ。
人間が進化した系統とは別の道をたどった類人猿なのだ。
立体は2足で立っているけど、実際は今のゴリラのように4足歩行(ナックルウォーキング)で移動していたようだ。
30万年前に絶滅したと思われているが、その原因は不明だ。
そんなギガントピテクスが有名になったのは映画「キングコング」だった。
映画のキングコングの基本設定が「ギガントピテクスから進化した大型類人猿」だったのだ。
また、UMA(未確認動物)であるヒマラヤのイエティ、中国の野人、北米のビッグフットオーストラリアのヨーウィなどギガントピテクス系の生き残りだという説もある。

種類・ヒト上科
生息地中国、インド、ベトナム
大きさ・身長約3m体重約300~540kg
食べ物・果実などを食べる植物食動物

  立体は(株)パジコの石粉粘土で制作してます。

 
(C)宮川あじゅのしん