わしはワシのような大型ハヤブサです。
ガダルー
 
1900年に絶滅
 
。個人的にはガダルーペカラカラの名前の方が響きが可愛いと思う。棲んでいた島に危機を感じるほどの敵がいなかったガダルーペカラカラは原始の昔は大型だった猛禽類の原型をそのままにとどめていた鳥だった。そのためかハヤブサというよりはワシに近い感じで地元ではガダルーペワシと言われていたそうだ。ガダルーペ島の頂点で 大きな鳴き声で鳴き島の王者として君臨していたのだ。1700年にヤギの放牧が始まったら、その真上をグルグルと舞うガダルーペカラカラは子牛を襲う害鳥と一方的に決めつけられて、鉄砲や毒薬やありとあらゆる手で殺されたのだった。

種類・タカ目 ハヤブサ科
生息地
メキシコ領カルフォルにア半島沖に浮かぶガダルーペ島 。
大きさ・
食べ物・
 
 もっと知りたい人はこちらへどうぞ。

  立体は(株)パジコの石粉粘土で制作してます。

(C)宮川アジュ
「戦え絶滅動物」に掲載されている全ての画像、イラスト、テキストは宮川アジュが著作権を有してます。許可無く転載、改装その他類の行為は固く禁じます。