タキカワカイギュウ(滝川海牛)

タキカワカイギュウが現代にデビューしたのは、1980年の8月に北海道滝川市を流れる空知川から化石が発見された瞬間だった。

掘り出しから組立作業まで滝川市民の手によって、約5年の歳月をかけて復元されたのだ。

 

そんなタキカワカイギュウの指の骨は、同じ絶滅動物のステラーカイギュウよりは退化していた。

なので、体が大きいわりに前足は小さく、泳ぎは苦手だったようだ。

きっと、あまり動かないで生活していたのだろう。

体の大きさも、体長約8m、体重約4トンで、カイギュウの仲間でもかなり大きい。

 

歯は無く、海草をすりつぶす様に食べていたようだ。

寒冷に適応したカイギュウ(海牛)が、日本で独自進化したことを証明した貴重な化石は、1984年に北海道の天然記念物に指定されたのでした。

同じカイギュウの、絶滅したステラーカイギュウや絶滅危惧種のジュゴンマナティとは別の進化をしたのがタキカワカイギュウなのだ。

バイバイ、タキカワカイギュウ!

 

 

ちなみに①・・・

ほかにも北海道の3カ所から化石が発見されている。

タキカワカイギュウに会うには滝川市美術自然史館へ行くべし。

ちなみに②・・・

海藻の食べかたが牛に似ていたことから海の牛、カイギュウ(海牛)と呼ばれるようになったという説がある。

ちなみに③・・・

滝川市で行われる北海道三大あんどん祭りのひとつ、「しぶき祭り」はタキカワカイギュウの化石発見を機に始められたそうです。

夏の風物詩で「ソーラッチャ、ヨーイヤ、ヨイヤ」の掛け声で色鮮やかな山車が街を練り歩くそうですよ。


 

500万年前に生息(絶滅年代は不明)

種類・海牛目

主食・海藻。

大きさ・体長約8m、体重約4トン(初めて発見された化石からの推測)

生息地・北海道。入り江や海岸近くに生息していた

 

※立体の大きさはこれです!