マストドンサウルス

 

化石は北アメリカ大陸、ヨーロッパ大陸、アフリカ大陸、中国大陸、そして日本から発見されている。

地球所の陸地が一つになっていた超大陸パンゲア時代とはいえ、非常に広範な地域に分布していたようだ。

日本では2006年に宮城県南三陸町歌津の唐島の地層から化石が発見されている。

最大全長約6m。

三畳紀後期の大陸部における最大級の動物だったようだ。


約2億4500万~約1億9960万年前に生息。

大きさ・体長は約6m

 

生息地・超大陸パンゲア

日本で化石が発見されたのは宮城県南三陸町