MPLAB X IDE インストール方法

〔マイコンのトップに戻る〕


MicrochipHPのこちらからMPLAB X のIDEをダウンロードして下さい。

MicrochipHP

表示されたHP内を上図の所までページめくりをして[Downloads]タブをクリックします。
後はご自分のPCのOSに合わせた物をダウンロードしましょう。 *1)

本ページでは"MPLAB X IDE"のインストールのみ記述します、
"XC8"コンパイラもインストールする人は一緒にダウンロードしましょう。
("XC8"コンパイラのインストールはこちらのページを参考にして下さい)
尚、インストール環境は"Windows 7 Pro"での説明となります。

@ダウンロードされた[MPLABX-v2.15-windows-installer.zip]ファイルを解凍します。
 (v2.15 はバージョンなので数値は変わる事が有ります)

A解凍されたファイル[MPLABX-v2.15-windows-installer.exe]を実行させます。

インストール画像2

BMPLAB X ロゴ画面が表示された後、上図ウインドウ画面が表示されます。
 ここは、このまま[Next]ボタンをクリック。

インストール画像3

Cライセンスの契約画面です。
 "I accept the agreement"をチェック選択して[Next]ボタンをクリック。

インストール画像4

Dインストール先ディレクトリの設定画面です。
 このウインドウ画面はこのまま[Next]ボタンをクリックで良いでしょう。
 ※インストール先のディレクトリ名に日本語が有るとダメです、MPLABXが起動しません。
   また、環境変数の"TMP"にも日本語が有るとダメです、注意しましょう。

インストール画像5

Eインストールするツールの選択画面です。
 このウインドウ画面も、このまま[Next]ボタンをクリックで良いでしょう。
 (MPLAB IPE はPICへのHEXファイルの書き込みツールです)

インストール画像6

Fインストールの準備完了です、[Next]ボタンをクリック。

インストール画像7-1

Gインストールの処理中です、しばらく待ちましょう。

インストール画像7-2

Hインストールの最中にこの画面が表示されたら、[OK]ボタンをクリック。
 (MPLAB IDE V8.xxからMPLAB Xに切り替えるには"Switcher"ツールを使いましょうとある)
 また、ここでドライバーのインストール画面が表示された場合は、インストールしましょう。

インストール画像8

IここでMPLABのインストールは終了です。
 メッセージは
 ”XCコンパイラは、IDEにインストールされていません。
  コンパイラやアセンブラをダウンロードするには、□のチェックボックスをオンのままにしてください。”
 となっています。
 ここでは、チェックをはずして[Finish]ボタンをクリックしましょう。

インストール画像9  このアイコンがディスクトップに追加されていると思います。

 [MPLAB X IDE]:IDE本体のプログラム

 [MPLAB driver switcher]:ICEやICD3等のデバッガ機器用のデバイスドライバを
                  MPLAB X と MPLAB V8.xx間で切り替える為のツール。

 [MPLAB IPE]:コンパイルされたHEXファイルをPICに書き込む為の独立したツール
          (通常はIDEから書き込みます)

《MPLAB X IDEを起動させてみる》

起動画像1
こんな画面が表示された、
これは”NetBeans IDE の改善を行う為に使用するデータの提供に協力しろ”と言う事らしい。
私は、[No.Thank You]にしました、それぞれで選んでください。

起動画像2
初回起動は時間が少々かかりますが、2回目以降は早いです。
この様にスタートアップ画面が表示されます、
煩わしい人は画面の一番下の"□Show On Startup"のチェックを外しましょう。


※ MPLAB X IDE(V1.50)の日本語ユーザガイド説明書はこちらです。
※ MPLAB X IDEの使い方はこちらを参照下さい。



ダウンロード先HP画面入れ替え(*1) 2016/12/24


【きむ茶工房ガレージハウス】
Copyright (C) 2006-2016 Shigehiro Kimura All Rights Reserved.