Top Page
AUTO
Charactor
AFV
Other
Links
BBS
Blog

バンダイ メカコレクションNo.21 宇宙戦艦ヤマト
ヤマト艦載機 コスモゼロ

(2005.7.9)
(2005.7.16更新)
箱絵写真

実はヤマトって記憶が曖昧でおぼろげだったりするのですが、「あーるの趣味のページ。」のあ〜るさんから頂いたその日にはパーツを仮組みしてたりして。一瞬、組み立て説明書は無いのかと焦りましたが上箱の裏に書いてあって一安心。でもスタンド込みで全20パーツなら無くても何とかなりそうではありますが。


ヤマト艦載機 コスモゼロ

資料は箱絵だけって状態で作り始めたのですが、どうも全体的に寸詰まりで、プロポーションが違うような気が。もっと言うと胴体中央部分の厚みも足りないんじゃないかと思います。で、まずは主翼付け根付近のパネルラインで胴体を前後に分割。機首上下を接着して先端左右を斜めに切り落とします。その後、胴体前後をプラ板とランナーを使って強引に1.5cm延長。硬化の早いダイソーのエポパテで大まかな形状を整えてからセメダインのエポキシパテ(通称馬パテ)を胴体上面からエンジンの円筒に繋がるように盛り付けます。キャノピーは削り込み、その後ろのバルジは垂直尾翼に繋がるようにパテ盛り。

ヤマト艦載機 コスモゼロ

胴体後部上面のインテイクは入り口付近を0.5mmプラ板で作って、その後ろはダイソーエポパテ→馬パテで整形。機体下面のインテイクも上面と同様にモールドを削り取って、そこに生じる段差を活かして0,5mmプラ板を貼り付けて後ろの隙間をエポキシパテで埋めています。インテイク上下面、ノズル周りのバルジは少し大きめにパテ盛り。後部の穴には溝を掘ったプラ板で蓋をしています。機体下面の脚収納庫もキットパーツを削り合わせるよりも簡単確実なのでエポパテで埋めてしまいました。

ヤマト艦載機 コスモゼロ

で、どうやら主翼の位置も違うような感じなので切断。何mmとは言えませんが多分5mmくらい前進した位置に再接着。生じる隙間は0.5mmプラ板とエポキシパテで埋めます。機首左右の角は切り取ったキットパーツを再利用。先端は削り込んで段差を付けて、根元には銅線を巻いてから元の位置より低めに接着。コックピット脇のノズルは削りとって2mmプラ棒で作り直し。機首下面の穴も同様と解釈して2mmプラ棒を挿してあります。

ヤマト艦載機 コスモゼロ

スケール寸法は約1/150になりましたが、キャノピーはタンデムで2人乗れるかどうか少し微妙なサイズ、プロポーションになってしまいました。どうやら胴体を延長し過ぎたみたいで、延長は1cm位が丁度良いのかも。あとは主翼を一周り大きくした方がバランスも取れるのではないかと思います。


ヤマト艦載機 コスモゼロ
Top Page
AUTO
Charactor
AFV
Other
Links
BBS
Blog