松坂城

松坂城(★★★ 三重県松阪市殿町)

松坂城は、蒲生氏郷が天正十六年(1588)この四五百森に築城した平山城である。

 蒲生氏郷が陸奥黒川(現在の福島県会津若松市)へ移封後、天正十九年(1591)に服部一忠、文禄四年(1595)に古田重勝と城主が変わり、元和五年(1619)に徳川頼宣が和歌山藩主となると同時に和歌山藩領となり、以降、明治になるまで勢州領(松坂・田丸・白子等)18万石を統轄する城代が置かれてきた。

 城は北を大手、南を搦手とし、本丸・二ノ丸・三ノ丸・隠居丸・きたい丸からなり、本丸・二ノ丸等には高い石垣を築き、外郭に土塁や堀をめぐらせていた。

 三層の天守と金ノ間・月見・太鼓等の櫓がそびえ立っていたが、正保元年(1644)の台風で天守は倒壊したと伝えられている。また、二ノ丸には寛政六年(1794)に着工された御殿(別名徳川陣屋)があった。

 明治十四年(1881)松坂公園となり、現在に至っている(『城址案内板』より)。

二ノ丸、本丸跡の石垣は迫力があり圧巻。多数の櫓、門跡から往時は壮大な城郭が偲ばれる。

  

 

 (【左写真】本丸跡(微高な石垣が囲む)【右写真】本丸下段の石垣) 

 

 (【左写真】本丸下段から上段の石垣を眺める【右写真】天守台跡の石垣) 

 

 (【左写真】二の丸からの眺め(眼下に御城番屋敷が連なる)【右写真】徳川陣屋があったニ之丸跡) 

 

 (【左写真】中御門跡の石垣【右写真】隠居丸跡の石垣) 

(登城口に建つ城址碑)

 

   (2015年10月31日再訪問)

以前の記事

 天正16年(1588)に松ヶ島12万石の領主・蒲生氏郷はそれまでの居城の松ヶ島城が手狭で不便であったため、四五百森(よいほのもり)と呼ばれていた土地の丘陵に新城を築く。

松坂の名は吉祥の木の「松」と秀吉の「大坂」から一字ずつとった。氏郷は諸国から商人を集めたりして城下町の隆盛に努めたが会津若松に転封。その後服部一忠が入封するが、秀次事件に連座して切腹。文禄四年(1595)に古田重勝が入封し、城郭・城下町の整備が行われた。元和五年(1619)からは和歌山城主・徳川頼宣の所領となり、城代が置かれた。

天守、櫓、城門などの建物群は一切ないが、立派な石垣群は圧巻である。

  

 (【左写真】天守台址 【右写真】石垣群) 

 

 (【左写真】城番屋敷址 【右写真】大手道)

 戻る

城と古戦場