津城

津城(★★★ 三重県津市丸の内)は織田信長の弟信包によって築城された。

信包は信長が伊勢へ勢力を伸ばしてきたとき、長野氏の養子に入ったものである。天正八年(1580)には五層の天守閣が完成し、当時柳山付近が中心であった津の町から町家や寺院が移され城下町が作られた。その後、富田氏が城主となり、慶長五年(1600)関ヶ原の戦いのとき西軍の攻撃を受け、城・城下町とも戦火を受けた。
慶長十三年(
1608)、藤堂高虎が伊予今治から移ってくると、城に大改修を加え城下町を整備した。本丸を広げ、石垣を高くして北側の石垣に角櫓を築き、堀も整備したが、天守閣は再建されなかった。

津城は典型的な平城で、堀が「回」の字形に二重に巡っている輪郭式または囲郭式といわれる形の城である。城下町は、城を中心に北・西・南側に武家屋敷、東側に町家が置かれた。町はずれを通っていた伊勢街道を城下に引き入れ、町の発展を図った。また、堀川を掘り、東側の守りとしたが、物資の運搬にも利用され商業の発展に役立てられた。さらに堀川の外側には寺院を配置し、万一の場合に備えた(『城址案内板』)。

内堀の一部と高石垣が残り、往時の広大な城址の面影を偲ぶことができる。再訪ですが、前回よりもゆっくり攻城できました。石垣や堀など意外と見所があるように思いました。

 

  

 (【左写真】城址古写真 【右写真】天守台石垣(信包時代に5重の天守があった)

  

 (【左写真】丑寅三重櫓跡の石垣 【右写真】かつての東黒門・東鉄門の位置に再建された隅櫓)

  

 (【左写真】北多門櫓跡の石垣と水堀 【右写真】入徳門(藩校「有造館」の正門を移築したもの)

  (2013年2月9日訪問)

 

以前の記事

津は古くは安濃津と呼ばれ、政治・軍事上の要衝として長野氏が拠っていた。永禄年間に細野藤敦がこの地に築城したのが起源。永禄11年(1568)細野氏は織田信長に攻められ、信長の弟・信包を主家・長野氏の養子とすることで和睦する。信包は最初は上野城にいたが安濃津に入城、城郭を拡張整備して五層の天守を築いた。

その後城主は豊臣家臣・富田知信が5万石で入封。子の信高が関が原合戦で東軍に属したため、西軍の毛利秀元らに攻められ落城。戦後に2万石を加増されて信高が城主に返り咲くが、伊予宇和島12万石に転封となる。かわりに藤堂高虎が伊予今治から22万石(後に32万石)の大封を得て入封。高虎は城の大修築、城下の大整備を行い、「伊勢は津でもつ」と謡われた繁栄の礎が築かれた。

櫓や城門などの建物群は明治維新後に競売されるが、昭和に入って復元された。天守はもともと築かれなかった。

  

戻る

城と古戦場