医王寺山陣地

医王寺山陣地(★ 愛知県新城市長篠字弥陀の前)

この医王寺山は、天正三年(1575)武田勝頼が長篠攻略に際し、陣城として使った跡といわれ、広島市立中央図書館、浅野文庫所蔵の諸国古城図のうち「勝頼陣城」として描かれた絵図と同様な平坦地(曲輪)が今に残っています(『現地説明板』)。

なお、ここは「長篠城跡」「馬場美濃守信房の墓」を南に控え、「鳶ヶ巣砦」跡はじめ武田軍陣地の全部が展望できる位置にあたります(『現地説明板』)。

医王寺の裏山が陣跡で、本曲輪跡に模擬櫓が建つ。

 

(【左写真】本曲輪に建つ模擬櫓。【右写真】模擬櫓から長篠城方面を眺める。)

 

 2015.3.20訪問

城と古戦場

 戻る