岡城

岡城(★★ 愛知県岡崎市岡町西側)は、池野大学によって築かれた城。

西三河を平定した後、家康は河合勘解由左衛門にここを守らせました。

三河名勝志の『御殿址』の項に次のように書かれています。「岡村西より二町余り過ぎて、一の木戸門あり。小径数百歩、両側皆竹林なり。大手門の跡とおぼしき所、左右に土手、空堀あり。これより内方一町ばかり平衍にして樹竹なく、草野の如し。西より南へ廻り、土手、空堀あり。…云々」(『城址案内板』)。

城址は住宅地の中に埋没する。竹薮の中に空堀・土塁が確認できるが、民家が近接しており城域は明瞭ではない。

 

 

 城址に建つ案内板。 

 

 2014.11.12訪問

城と古戦場

 戻る