安祥城

安祥城(★ 愛知県安城市安城町城堀)

室町時代中期の永享十二年(1440)和田親平の築城と推定され、はじめ森城と呼ばれていました。三方を湿地に囲まれた台地突端に位置し、北部接続部に濠を掘った中世の本格的城郭(平山城)でした。

 文明三年(1471)ころ、松平信光が攻め取り、以後50余年間、安城松平四代(親忠・長親・信忠・清康)の居城となりました。また、松平氏の本拠が岡崎城へ移ると、この城をめぐって松平・今川氏と織田氏との間に、天文九年(1540)から10年の間に5度に及ぶ攻防戦が繰り広げられました。

 桶狭間の戦い以後廃城となったと考えられますが、天正十二年(1584)小牧長久手の戦いにあたり、徳川勢によって改修工事を受けたとする説が有力です(『城址案内板』)。

城跡は大乗寺となっている。明確な遺構は確認できないが、寺の高台は城塁(切岸)の跡ともいわれている。周辺の公園にもそれらしい地形があるが、遺構かは疑問。

 

 

(安祥城古図・広島市立中央図書館蔵)

本丸跡の大乗寺は周囲より一段高くなっている。 

 

 2014.11.12訪問

 戻る