岡崎城

岡崎城(★★ 愛知県岡崎市康生町)

享徳元年(1452)または康正元年(1455)、明大寺に居館を構えていた西郷弾正左衛門頼嗣(青海入道)が菅生川の北岸に砦となる城を築いたのが岡崎城の始まりである。

その後、安祥城主から岡崎城主となった松平清康は享徳四年(1531)にこの地を本拠とし、本格的な岡崎城を構えた。天文十一年(1542)十二月二十六日に城中で徳川家康が誕生しており、城内にはえな塚、産湯の井が残る。
天正十八年(
1590)に豊臣秀吉の部将であった田中吉政が入城。城郭を拡張して東海道を城下に引き入れ、城の東・北・西に惣構えの堀を巡らし、近世の岡崎城と城下町の基礎づくりを行った。
江戸時代は石高五万石の譜代大名(前本多家四代−水野家七代−松平家一代−後本多家六代)の居城となり、その間たびたび修復が行われた。
明治維新後、天守閣以下の建物は明治六年(
1873)に取り壊され、本丸・二の丸など主要部分は明治八年に岡崎公園となった(『城址案内板』)。

城址は岡崎公園となり、再建された天守や櫓がある。広大な空堀などは見応えがある。

 

 

 (【右写真】復興天守(昭和34年の再建)【右写真】天守からの眺望。 

 

(【右写真】東隅櫓(再建)【右写真】復興大手門(本来の位置よりずれた場所に建造)

 

(【右写真】青海堀(築城した西郷頼嗣の名を冠した深い空堀)【右写真】本丸を囲う龍城堀。 

 

 2014.11.12訪問

 戻る