国吉城

国吉城(くによし★★★福井県三方郡美浜町佐柿)

美浜町指定史跡国吉城址は、若狭国守護大名武田氏の重臣であった粟屋越中守勝久によって、弘治二年(1556)に築かれた中世の山城跡である。通称≪城山≫の最高所(標高197.3m)を本丸とし、北西に延びる尾根上には段々の削平地(曲輪)が連続し、その先端に丹後街道通る椿峠があった。尾根の斜面は切立って急であり、守り易く攻め難い城であった。実際に、永禄六年(1563)から数年におよぶ勝久と越前朝倉氏との戦いにおいては、城を守り通して名声を内外に轟かせ、その活躍は『若州三潟郡国吉籠城記』などの軍記物にまとめられた。元亀元年(1570)、越前攻めのために木下藤吉郎(後の豊臣秀吉)や徳川家康らを伴って国吉城に入城した織田信長は、城を守った勝久を褒め称えたと伝わる。

 その後、天正十一年(1583)に入城した木村常陸之介定光は、椿峠を越えた丹後街道が集落の中を通るように道筋を付け替えて町割りを行い、佐柿の町を興した。江戸時代に入ると国吉城は廃され、寛永十一年(1634)に若狭国の領主となった酒井忠勝、町奉行所と藩主休息所として御茶屋屋敷を置いた。以降、佐柿は三方郡の中心、丹後街道の宿場町として繁栄し、現在も当時の景観を色濃く残した古い町屋や寺社が現存している(『城址説明板』より)。

歴史資料館から20分程度の登山で頂上本丸部分まで辿り着ける。本丸等の曲輪群や堀・土塁が良好に残り、堅城ぶりが窺える。

 

 

 (【左写真】本丸城址碑。【右写真】本丸からの眺望。)

 

 (【左写真】本丸に僅かに残る土塁。【右写真】本丸虎口(北西部)に残る石垣。)

 

 (【左写真】本丸と連郭の間の堀切。【右写真】伝二の丸(虎口が残る)

 

 (【左写真】伝二の丸土塁。【右写真】城址遠景(麓に居館跡と陣屋跡)

 

   (2017年3月19日訪問)

戻る

城と古戦場