武田氏館

武田氏館(★ 福井県小浜市小浜男山)

今から約500年前、若狭を治める守護武田氏は、当時、全国でも有数の国際港湾都市となっていた小浜を統治するために、港の背後にそびえる後瀬山に城を築きました。

 城は丹後国一色氏との交戦に備え、さまざまな防御施設を設けています。また、山上近くには御殿とも呼べる庭園の設備を作り、茶会や歌会なども行ったようで、数多くの茶器などが出土しています。武芸ともに秀でた若狭武田氏ならではの城といえます。

 現在地(小浜小学校跡地)は、空印寺境内を含めて当時の守護の住まいがあった場所です。発掘調査の結果、後瀬山を背後にもち、一辺約100mで周囲に堀を巡らせた大規模な方形居館の跡が確認されています。

 守護武田氏が滅亡後も、豊臣方の丹羽長秀、浅野長政、木下勝俊などの側近が代々住まいました。豊臣秀吉にとっても港湾都市小浜は重要な場所だったのです。また、関ヶ原合戦後は、京極高次が海を望む小浜城が完成するまでここに住まいました。小浜での高次とお初(常高院)の生活の出発点ともいえます。

 高次の死後は、この居館を利用して菩提寺の泰雲寺が創建されます。また京極氏国替後に入部する徳川家光側近で大老の酒井忠勝は、父の菩提を弔うために健康寺を創建します。そして忠勝の死後は、その菩提寺として大規模な伽藍が作られ空印寺となり現在に引き継がれています。

 現在、発掘調査や歴史資料調査の結果をまとめ、歴史深い小浜市の宝としての活用を検討しています(『城址説明板』より)。

館跡は空印寺・小学校跡地になっており、遺構は全くない。

 

 

 

 (【左写真】館跡の小浜小学校跡地。【右写真】館跡一角の空印寺(背後は後瀬山城)

発掘調査時の写真(現地説明板より)

 

   (2017年3月19日訪問)

戻る

城と古戦場