洲崎館

洲崎館(★ 北海道檜山郡上ノ国町北村)

長禄元年(1457)の戦いで功を挙げた武田信広が上ノ国守護であった蛎崎季繁の養女である安東政季の娘を妻とし同年築いた館である。またこの時信広は「建国の大社」を行ったとされている。

 その後信広は地の利と景勝を誇る夷王山のふもとに勝山館を築き松前藩300年の基を作った。

 近年中国銭2500枚、中国製青磁、白磁、国産の珠洲製陶器や人骨が発見されている。館の内部構造については未調査の為不明なところが多い。

 この館は武田・蛎崎氏が道南和人社会の中で支配者として成長する基礎を固めたところであり、更に和人勢力の移り変わりを知ることのできるところとして大変重要な遺跡である。又この館は北海道の館の中でただ一つ成立年代が明らかである。(『現地案内板』より)

砂館神社が館跡で、境内には土塁らしきものがあるが遺構かは不明。


 

 

 (【左写真】砂館神社。【右写真】境内の土塁らしき地形も。)

 

   (2016年8月23日訪問)

戻る

城と古戦場