南部藩陣屋

南部藩陣屋(★ 北海道函館市元町)

幕府が蝦夷地(北海道)を初めて直轄した時代(17991821)、幕府の命により南部藩が蝦夷地を警備するために築いた陣屋跡で、敷地は当初16,200uほどであったが、その後増築して36,000u以上となった。建物は極めて粗末で、相当な人数が勤務し越冬していたが、病人がたくさん出た(文化4年(1807)には342人勤務し、内150人越冬)。後の幕領時代(18541867)にもここを陣屋として再建し、約300人が勤務していた。

明治元年、戊辰戦争が東北に及び国元を守備するため、同年811日夜、イギリス人ブラキストンから雇入れた汽船に乗って箱館を引き揚げ南部へ帰った。(『城址案内板』より)

「南部坂」を登ったロープウェー駐車場に城址碑がある。石垣は近年のもので、遺構はない。

 

 

  (陣屋跡の碑が残るのみ。)

 

   (2016年8月23日訪問)

戻る

城と古戦場