宇須岸河野館

宇須岸河野館(★ 北海道函館市弥生町)

亨徳3年(1454)津軽の豪族安東政季に従って、武田信広(松前氏の始祖)、河野政通らが蝦夷地に渡来したという。政通は、当時「宇須岸」(うすけし)と呼ばれていたこの地に「館」を築いたが、これが「宇須岸河野館」で、その大きさは、東西35間(約63m)、南北28間(約50m)と伝えられ、四方に土塁を築き、乾壕をめぐらしていたといわれている。この「河野館」に由来して、「箱館」という地名が生まれたと伝えられている(明治2年「函館」と改称された)。

永正9年(1512)アイヌとの抗争で、河野季通(政通の子)ら一族が敗れたため、箱館は以後100余年にわたって衰微したとの伝承が生まれた。

箱館は18世紀初頭(元禄時代末)から亀田川下流域からの住民の移住が増加、これに伴い相次いで寺院も移転し、箱館港の繁栄が顕著になっていった。次いで、寛保元年(1741)には松前藩のこの地域の行政庁「亀田番所」が「河野館」跡地に移されて、繁栄への基礎が築かれた。

寛政11年(1799)幕府は東蝦夷地を直轄地とし、亨和2年(1802)箱館奉行が置かれ、この地に箱館奉行庁舎も築かれ、箱館に拠点を据えた高田屋嘉兵衛の活躍などもあって箱館は大きく発展した。箱館奉行庁舎は、明治に入ってから開拓使の庁舎となり、その後、北海道庁函館支庁庁舎となるなど、「河野館」跡は函館の行政の中心地であった。

(『城址案内板』より)

元町公園一帯が館跡であったようだが、公園北側の広場(ペリー来航記念像)に説明板があるのみで、遺構はない。

 

  (【左写真】説明版があるのみ。【右写真】函館港を見下ろす。)

 

   (2016年8月23日訪問)

戻る

城と古戦場