箕冠城

箕冠城(みかぶり★★★ 新潟県上越市板倉区中之宮字箕冠山)

箕冠城跡は、上杉謙信の武将の大熊備前守朝秀の居城跡であり、標高242m東西北の三面が切立った独立峰で山裾を、大熊川・小熊川が流れ、天然の砦となっている。

 山頂部を中心に、当時としては大規模な土木工事を施し、防衛機能を強化しており郭・堀・土塁・井戸など、戦国時代末期の山城の特色が多く残されている。

(『城址案内板』より)

城跡は箕冠山山頂にあり、堀跡や土塁など遺構が良好に残っている。

 

 

 

 (【左写真】本丸。【右写真】本丸からの眺望。)

 

 (【左写真】二ノ丸跡。【右写真】堀切跡。)

 

 (【左写真】内門跡。【右写真】帯曲輪。)

(横堀跡)

 

   (2015年11月22訪問)

戻る

城と古戦場