百地氏城

百地氏城(ももち★★★ 三重県伊賀市喰代字城谷)

百地氏は伊賀流の忍者、百地丹波守が有名ですが、史実としてはほとんどわかっていません。しかし、天文十三年(1544)の史料に「喰代もゝ地殿」と見えることから、戦国時代には北伊賀地域の有力な土豪として知られていたようです。

 百地氏城跡に代表される土塁や堀で防御施設を設けた中世城館跡は、市内に二五〇ヶ所余りあります。その中でも喰代・蓮池地区は、中世城館跡が数多く分布する地域で、周辺には安場氏館跡や奥氏城跡・上山氏館跡など十四ヶ所の中世城館跡が確認されています。

 この城跡は、丘陵の尾根を利用してつくられたもので、最も山寄りの郭(くるわ)から現在の青雲寺まで含めると、長さ250m、幅は最も広い所で60mで、市内でも有数の規模となります。城跡の構造は、尾根を削平してつくった郭を連ねたように配置したもので、四つの郭(城址案内図A〜D)が段々に形成されています。この中で郭Cは七〇×四〇mと最も大きく、四方に土塁を築いているほか、南側に自然地形を利用した堀、東側には堀切があります。また周囲に郭Cを防御するための郭を設けたり、進入路を屈曲させるなど防御の工夫を凝らしていることから、百地氏城跡の中心部分(主郭)と考えられます。

 主郭を巡る土塁は北側・西側・東側の土塁の外側は崩れが著しく、工事により保護されていますが、内側はよく残り、当時の様子をうかがうことができます。南側の土塁は一部がなく、また他の土塁と比べて低いことから当時は塀があったのかもしれません。東側の土塁は主郭の中で最も高く、土塁の上が広くなっていることから、かつては見張り台のようなものがあったと考えられます。また主郭内には幅壱一m余りの溝があります。これは当時郭内を区画した痕跡と考えられます(『城址案内板』)。

永保寺、青雲両方が登城口となっており、主郭には土塁、堀、虎口跡が良好に残る。伊賀三大上忍の一人で、伊賀屈指の有力土豪の城跡だけあり、城跡は広大であった。

 

 

 (【左写真】主郭内に建つ城址碑。【右写真】主郭東側の土塁。)

 

 (【左写真】主郭南虎口【右写真】主郭北東虎口)

 

 (【左写真】主郭からの郭D(青雲寺)を眺める。【右写真】堀跡)

  (2015年10月31日訪問)

 

戻る

城と古戦場