伊賀上野城

伊賀上野城(★★★ 三重県伊賀市上野丸之内)

慶長十三年(1608)八月、藤堂高虎は伊賀の国十万石、伊勢の国の内で二万石に移封となった(のち三十二万石三千九百五十四石余となる)。

 移封は、徳川家康の信任が厚かったのと、紀伊や大和の反勢力の押さえと築城の名手でもあり、目前にせまる豊臣家討伐に備えたもので、慶長十六年(1611)正月、上野城の本丸を西に拡張、高さ約三十メートルという高石垣をめぐらした。

 建設中の五層の天守閣は、慶長十七年(1612)九月二日、当地を襲った大暴風で倒壊、その後、慶長十九年(1614)の大坂冬の陣、元和元年(1615)の夏の陣と徳川方の勝利に終わり、幕府は諸大名の城普請を厳しく禁止したので上野城の天守閣は再建されなかったが、伊賀の国の城として明治まで城代家老を置いて存続した(『城址案内板』)。

城址は上野公園となっており、本丸内堀と広大な高石垣が見所。本丸内には筒井氏時代の天守(本丸)跡も残る。惜しむべきは三層で復元された模擬天守閣か。

 

 

 (【左写真】昭和になってからの復興模擬天守(本来は層塔形式で5層の天守閣であった)【右写真】本丸高石垣と内堀)

(本丸から高石垣を眺める)

 

 (【左写真】城代役所跡(筒井氏時代の本丸で、三層の天守があった)【右写真】城代役所跡の石垣(発掘調査で内部から筒井氏時代の石垣が現れた)

  (2015年10月31日訪問)

 

戻る

城と古戦場