宮里城

宮里城跡 (ミヤザト☆鹿児島県川内市宮里町古城)は、宮里町にあった城。

『鹿児島県の中世城館跡』によれば、存続期間は南北朝初期建武3年〜元亀元年であり、築城者は宮里氏、在城者は宮里氏、島津氏、入来院氏、北郷氏とされており、古くからこの地の土豪・宮里氏の城であり、その後戦乱に巻き込まれたものとみえる。

現況は山林、宅地であり、城の形状:100×200m単郭、空堀、土塁が残るという(『鹿児島県の中世城館跡』)。

 

 

(城跡遠望)

 

 (2013年12月22日訪問)

 戻る