鉢巻城

鉢巻城(ハチマキジョウ☆鹿児島県川内市宮里町安養寺、安養寺ヶ岡、安養寺城とも)は、宮里町にあった山城。

天正十五年(1587)五月、豊臣秀吉の九州征伐において築城されたという。

先陣の小西行長らは薩摩川内へ侵入し、猫岳に一夜城を造って周囲を俯瞰、さらに東側の安養寺ヶ岡(鉢巻城)に布陣してまん幕を張り、一晩中火を焚いて秀吉本陣に見せかけたという(『猫岳現地説明板』)。なお、安養寺には安養寺丘古墳があった。

現況は山林、宅地であり、城の形状は200×350m単郭、残存度はやや良であり、遺構として土塁、折れひずみ、石塁が残っているという(『鹿児島県の中世城館跡』)。しかし詳細は不明である。

 

 

(城跡遠望)

 

 (2013年12月22日訪問)

 戻る