検見ヶ城

検見ヶ城(ケンミガジョウ・検ヶ城とも、☆鹿児島県薩摩川内市高江町平 )は、高江町にあった平城。

築城年代等の詳細は不明。

峰ヶ城の支城として存在していたものと考えられるが、これら白石ヶ城城山城、検見ヶ城、大峯元城は、江戸時代の一国一城令(1615)によりすべて廃城になったとされる(『峰ヶ城現地説明板』)。

現況は宅地・雑林だが、規模・形状は100×100m単郭、残存度はやや良であり、空堀・井戸が残っていたという(『鹿児島県の中世城館跡』)。しかし、現状では明瞭な遺構は残っていないようである。

「検見」という名称から、役人の屋敷・役場があったものか、それとも何らかの物見・番所があったのであろうか。

 

 

(城跡付近を撮影。平和な田園風景が広がっている。)

 

 (2013年12月22日訪問)

 戻る