平泉寺城

平泉寺(★★★ 福井県勝山市平泉寺町平泉寺)が開かれたのは、養老元年(717)のこととされます。白山を目指した越前の僧・泰澄が、この地の林泉で、白山神の降臨を見たことが始まりと伝えられています。そこに成立した平泉寺は、白山信仰の中核寺院となっていきました。

 平泉寺は、中世に強大な勢力を誇り、最盛期の戦国時代には、境内に四十八社、三十六堂、六千の坊院(僧侶の住居)が建ち並び、寺領は九万石(九万貫)、僧兵は八千人を数えたといいます。

 しかし天正二年(1574)に、一向一揆の攻撃を受けて全山が焼失します。九年後には六坊二か寺が復興しましたが、境内はおよそ十分の一に縮小しました。そして明治に入ると神仏分離の政策により、寺号を廃して白山神社と改称することになりました。

 現在の白山神社の境内は、戦国時代に中心伽藍が建ち並んだ部分にあたります。苔の中には、かつての三十三間拝殿や大講堂の礎石を見ることができます。また境内の両側に広がる山林、田畑、集落は、かつて六千坊と呼ばれた坊院群が存在した場所です(『城址案内板』より抜粋)。

戦国時代に北陸で最大規模の勢力を誇った平泉寺跡。砦跡や堀切が残るというが、今回は確認できなかった。発掘調査中の南谷坊院跡や広大な敷地から、宗教都市として繁栄した過去を偲ぶことができる。かつて朝倉氏の領国経営に影響するほどの勢力を誇り、義景が一乗谷館を落ち延びて平泉寺を頼りますが見限られ、その後に一向衆が蜂起したときには景鏡と手を組んだため攻撃されます。

 

旧参道の石畳

 

(【左写真】苔むした参道奥に控える拝殿【右写真】南谷坊院の虎口跡)

 

(【左写真】南谷坊院跡(僧侶の住居で石垣や石畳が残る)【右写真】復元された南谷坊院の土塀)

 

   (2013年9月22日訪問)

 戻る

城と古戦場