勝山城

勝山城(★ 福井県勝山市元町1丁目)

天正八年(1580)、袋田と呼ばれていたこの地に初めて城を築いたのは、柴田勝家の一族、勝安である。勝安は、九頭竜川の河岸段丘である七里壁や、北側に広がる沼地などを利用して城を築き、勝山支配の拠点とした。勝安の築いた城は、元和元年(1615)の徳川幕府による一国一城令により壊されたようである。
以後、その跡地には代々の領主の館が建てられる程度であった。勝山において城郭と城下町が整備されてくるのは、元禄四年(
1691)に小笠原貞信が入封してからである。貞信は22777石をもって美濃国(岐阜県)高須から勝山に入封した。当時、勝山には城跡しかなかったので、貞信は幕府に対し築城の許可を願い出たが、実際に許可を得たのは宝永六年(1709712日、二代信辰の代になってからである。信辰は、まず本丸の普請に取りかかった。古い堀を掘り返したり、土居を築いたりして一応その形を整えた。しかし財政が続かなかったようで、その後の工事は中断した。工事が再開されたのは、およそ60年後の明和七年(1770)、五代信房のときである。信房は二の丸を築き、藩主の御殿をそこに移転した。七代長貴は、幕府の若年寄りという要職についたが、藩の財政は出費がかさみ厳しかった。その上、文政五年(1822)には本丸から出火し、門・高塀・土蔵を残して焼失した。この時は町や村々からの見舞いや手伝いによって、瓦や檜皮葺きの御殿が再建された。また長貴の代には、二の丸北部の未完成部分が仕上げられ、築城からおよそ120年が経過してようやく当初の計画に近い形の城郭が出来上がった。しかし「蔀曲輪」と「東馬出」は造られず、天守閣も築かれることはなかった。
八大長守の時に明治維新を迎えたが、城郭の建物等は売りに出され、天守台と本丸の堀の一部を残し埋め立てられた。ここには長く小山状の天守台があり、市民から「お天守」と呼ばれ親しまれてきたが、昭和
42年の市民会館建設に際し削平された。現在、その跡地には長守の筆による「勝山城址之碑」が残るのみである(『城址案内板』より抜粋)。

城跡は市民会館になっており、遺構はない。

 

現在の地図と照らし合わせた復元図

削平された天守台跡に建つ城址碑

 

   (2013年9月22日訪問)

 戻る

城と古戦場