龍門寺城

龍門寺(★ 福井県越前市本町)は正安元年(1299)悦巌崇善によって創建されたと伝えられている。

 この地は府中の南端にあたることから軍事上の要所とされ、天正元年(1573)には織田信長が朝倉攻めの際に、ここに本陣を構えた。朝倉氏滅亡後、同二年には越前の門徒領国化をねらう一向一揆勢によって支配され、この討伐のために、同三年信長は羽柴秀吉・明智光秀らに龍門寺城に攻め入らせ、再び龍門寺城に入っている。その後、信長は府中とその近辺の十万石を府中三人衆(不破光治・前田利家・佐々成政)に支配させ、龍門寺城には不破光治が入った。
 天正十三年(1585)に若狭の木村常陸介が府中を支配し、城内の南隅に龍門寺を再興した。現在、南部の堀跡は墓場となっている。また、本堂や庫裏は台地上にあって、平城の名残がある(『城址案内板』)。

現在も続く龍門寺が城跡。墓地が堀跡で一段低くなっているのが確認できるが、墓地を写真に撮る気持ちにはなれなかった。その他の遺構はない。

 

 

(龍門寺外観)

 

   (2013年9月21日訪問)

 戻る

城と古戦場