米沢城

米沢城(★★ 山形県米沢市丸の内) 再訪

伊達氏・上杉氏の居城で、松岬城・舞鶴城とも呼ばれる。

 米沢城の起源は、鎌倉時代に地頭・長井時広が居館を置いたと伝えられる。その後、長井氏に替わり伊達氏が置賜地方を領し、天文十七年(1548)には伊達晴宗が本拠を米沢に移し、輝宗・政宗の三代で米沢城下が整備された。

 天文十九年(1591)、政宗は豊臣秀吉の命で岩出山城に移り、米沢城には蒲生氏郷の家臣・蒲生郷安が入るが、慶長三年(1598)に上杉景勝が会津一二〇万石に入封、米沢城には重臣・直江兼続が配された。

 慶長六年(1601)、前年の関ヶ原の戦いで西軍方についた上杉景勝が米沢三〇万石に減封され米沢城に入城、城下の拡張整備に着手した。

以後、寛文四年(1664)に後継問題で米沢藩は一五万石となるが、米沢城は約二七〇年間にわたり上杉氏十三代の居城として明治維新を迎えた。

城郭は平城で、本丸・二の丸・三の丸からなる輪郭式の縄張りで、三の丸の東側には町人町・職人町が置かれた。本丸の中央は藩主の住む御殿があり、南東隅の高台には上杉謙信の遺骸を祀る御堂が建ち、北東と北西の隅には三層の隅櫓があった。

明治になって御殿や隅櫓は取り壊され、本丸跡は松が岬公園と上杉謙信を祭る上杉神社になる。堀と土塁が往時を偲ばせ、堀の周囲には桜の木が並び桜の名所ともなっている。(『城址案内板』より)

城跡一帯は松が岬公園となり、遺構は土塁・堀・櫓跡などが残るのみだが、城址を含め周囲全体に城下町としての空気が漂う。

 

 

(【左写真】本丸内御堂跡(江戸時代、上杉謙信の遺骸を安置した御堂があった)【右写真】上杉謙信を祭神とする上杉神社(本丸内))

 

(【左写真】紅葉に映える上杉謙信公像【右写真】舞鶴橋(上杉神社の正面参道))

(御三階櫓跡と内堀)

 

以前の記事

暦仁元年(1238)、鎌倉幕府の重鎮・大江広元の子・時広が置賜郡長井荘の地頭となり、長井氏を称して居館を構えたのが始まり。

南北朝争乱期の天授六年(1380)長井氏は伊達宗遠(8代)に滅ぼされた。戦国期の天文十七年(1548)に伊達晴宗(15代)は本拠を米沢に移し、本格的に築城(17代政宗はこの城で生まれた)。天正十九年(1591)に豊臣秀吉の奥州仕置により政宗は岩出山城に移封され、会津若松の蒲生氏郷の属城となる。氏郷没後の上杉景勝の会津移封に伴い、腹心・直江兼続が入城。

関が原の戦い後上杉氏は会津120万石から米沢30万石に減封されると、兼続に命じて城の大修築と城下町に整備に努める。以後、260余年間上杉氏の居城となる。

現在は上杉神社となり、遺構は皆無であり、城としての見所は少ない。しかし境内にある稽照殿には上杉謙信、景勝、直江兼続が愛用した遺品がたっぷり残り、感慨に浸れる。城跡の北西に上杉家廟所があり、謙信を始め歴代藩主の墓がある。

  

(【左写真】内堀址 【右写真】上杉神社)

  (2016年11月12日訪問)

戻る

城と古戦場