梁川城

梁川城(やながわ・★★ 福島県伊達市梁川町鶴ケ岡)は伊達氏によって鎌倉時代に築城されたとみられる。

城跡からは十三世紀後半よりの遺物が出土しており、十四世紀末に活躍した大膳大夫政宗の頃には、本城として使用されていた可能性がある。以後伊達氏は室町幕府との関係を深めつつ、持宗・成宗と勢力を拡大、大永三年(1523)伊達稙宗が陸奥国守護に補任されるに及んで、梁川城は奥州の政治的中枢を占めるに至った。
天文元年(
1532)稙宗が本城を桑折西山に移してからは、伊達領国の重要な支城となり、天正十八年(1590)蒲生氏の支城、慶長三年(1598)上杉氏の支城となった。その後寛文四年(1664)廃城とされたが、文化四年(1807)から文政四年(1821)の間は松前章広の本拠地となった。
明治三十二年に梁川小学校が本丸跡に移転し、第二次世界大戦以後は二の丸の地に中学校・高等学校などが建設され、城跡の景観は変えられたが、なお本丸跡土塁・同庭園・桜館跡(新公園)・三の丸跡などに往時の梁川城の姿が残されている(『城址説明板』抜粋)。

梁川小学校が本丸跡で、校庭内に土塁跡と復元された庭園・石垣の一部が残る。

 

本丸跡の梁川小学校

本丸土塁・庭園跡(石垣の一部が復元されている)

松前藩時代の大手門跡(礎石群が確認された)

  (2013年4月27日訪問)

 

戻る

城と古戦場