大館城

大館城(★ 福島県いわき市好間町下好間)

室町時代、磐城地方は豪族たちが互いに力を競い合っていた。その中で、岩城隆忠は居城を長友(四ツ倉)から白土(平)に移し、統一支配を目指して長子親隆と共に、一方の雄岩崎氏(島倉城主)を滅ぼした。さらに親隆は北進して楢葉郡(双葉郡南部)を治めた。
常隆は文明十五年(1483)磐城・磐前両群の郡境にあたるこの地に飯野平城(大館)を築き居城を白土城から移した。
同十七年常隆は常陸国(茨城県)に進攻し、守護佐竹家を服従させて、常陸の北部(北茨城・高萩市・里美村)を領有した。次いで盛隆は永正七年(
1510)白河郡の領主白川家を攻略した。ここに岩城氏は陸奥・下野・常陸の三国に強大な勢力図を築き、戦国大名の居城として「飯野平城」はその中心となった。同十一年盛隆、由隆・政隆父子は、陸奥・関東第一の覇者たらんと下野国宇都宮に侵攻したが、勝機を逸した。以降、岩城氏は重隆・親隆・常隆・貞隆と続いた。
岩城氏はまた神仏を崇拝し、古典籍や和歌・連歌などの文芸を好み、猪苗代兼載や雪村等を招き、当地方の文化の振興につとめた。しかし、慶長三年(
1600)の関が原の戦いで徳川方に加担しなかったため、岩城氏は同七年5月徳川家康に所領を没収された。同年11月に旧岩城領を与えられた鳥居忠政は新たに城の北東、物見ヶ岡(平)に居城を築いた。そのため飯野平城(大館)は廃された(『城址碑』より抜粋)。

道路沿いにある城址入口から、徒歩ですぐ城址丘陵の頂上に着く。曲輪跡らしき地形はあるものの、明瞭な遺構はない。

 

 

 (本丸跡に建つ石碑)

 

  (道路沿いにある城址入口。右奥の丘陵が城跡)

  (2013年4月27日訪問)

 

戻る

城と古戦場