田城城

田城城(★ 三重県鳥羽市岩倉町)

織田信長の水軍大将として勇名を覇せた九鬼嘉隆の祖父・泰隆が天文十年(1541)にこの城に拠り、伊勢国司北畠氏のために尽くし、二見七郷を与えられたという。その以前は、田城左馬之助が築いたとも伝えられる。

天正十年(1582)に至り、九鬼嘉隆が兄浄隆の子澄隆を暗殺し、その後この城は廃せられたと云われる。城跡には、澄隆の怨霊を鎮めるために九鬼惣領権現が祀られている(『城址案内板』)。

城跡は九鬼岩倉神社となっていて、明瞭な遺構はない。

 

 

 (【左写真】九鬼岩倉神社【右写真】境内にある土塁らしき遺構?)

  (2013年2月10日訪問)

 

戻る

城と古戦場