木造城

木造城(★ 三重県津市木造町)は、正平二十一年(1366)北畠権大納言顕能の三男顕俊が築城しました。顕俊は木造氏と改め、初代城主として久居市、一志郡を支配しました。現在の城址は享禄元年(1528)、七代城主木造俊茂が古城の北300mに新たに築き、天正十二年(1584)城を明け渡すまでの五十六年間使われました。

 城は伊勢街道に近い交通の要路で、平城形式で築かれています。周囲には沼などの低湿地が広がり、防御がしやすい構造となっています。

 城下町では定期的な「市」が立ち、人と物資の交流がおこなわれていました(『城址案内板』)。

長閑な水田の中に城址碑があり、遺構はない。

 

 

城址碑

 城址碑のある一角は水田に囲まれている

  (2013年2月10日訪問)

 

戻る

城と古戦場