久居陣屋

久居陣屋(★ 三重県津市久居西鷹跡町)

久居の歴史は、津藩初代藩主藤堂高虎の孫藤堂高通によって野辺野と呼ばれる高台の野原に建設された城下町に始まります。

 寛文九年(1669)に幕府から津藩の分家・城主格大名として認められた高通は久居藩を開き、寛文十一年(1671)に入府すると永久鎮居の願いを込めて「久居」と名付けました。久居藩は初代高通が5万石、2代藩主高堅からは5万3千石となり、以後16代高邦まで約200年続き、久居藩4代、5代、7代、12代藩主は、宗家津藩を継いでいます。

 久居陣屋(久居城、久居館の別称)の中心「御殿」(現在の久居中学校運動場付近)と、その北から東にかけて広がる武家屋敷(久居西鷹跡町・久居東鷹跡町)約200戸は溝で囲まれ、大手門(久居郵便局付近)と裏御門の2ヶ所で町家(本町・二ノ町・旅籠町・寺町・幸町・万町)約500戸と繁いでました(『現地案内板』)。

高通児童公園内に案内坂があるが、明瞭な遺構はない。

 

 

 城跡にある高通児童公園

  (2013年2月10日訪問)

 

戻る

城と古戦場